インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

slowly but sorely(ゆっくりだが着実に)

自宅にて。

時刻は日曜日の19時を回ったところではありますが。

久々に、ゆっくりと時の流れた「週末」となりました♪

土曜日は、朝9時から仕込み等を行い。

そのまま撤去となる16時過ぎまで、地域の「祭り」のサポート。

内容は、お子様に対して「すべり知らずの鉄板ネタ」とも呼べる…

大人気の「陸(おか)釣堀」♪

(ブルーシートの海の上に発泡スチロールの魚達を並べ、竹竿で引っ掛けて釣る)

「地域の祭りを盛り上げて欲しい」との主催者の声に呼応して…

「区民祭り」以外での“出張”陸釣堀は「初開催」となりましたけども。

なんのなんの。

終始、未就学児や小学生など、子ども達が訪れてくれての大盛況♪

また、そんな子ども達と“常に対話しながら”のアクティビティゆえに。

ウソ偽り無く、瞬く間に時間が過ぎて行き、感じる「疲労感」などは皆無。

それは他の運営サイドの仲間も同様で、ここまでご家族に喜んで頂けるなら…

次は「別のエリアで開催してみては?」と、前向きな提案も出て来たり♪

しかも、私の大好物である「日光」を…

約半日の間も屋外で「浴び続けられる」この幸せ(笑)

楽しかったな。

そして、撤収した後、帰宅しては着替えを済ませ。

続いては都心部へ向かい、19時〜21時まで「夜の部」となります…

スポーツ関係者と在広の外国人が50人ほど集っての意見交換会へ出席。

「野球後進国のカンボジアへ野球を教えに行っている青年」との出会いなど。

濃密な時間となりました♪

次に日曜日は、朝の8時半より、毘沙門台の小学校で行なわれる…

「防災フェア」から1日がスタート。

400人以上の地域住民の方々が集い、防災訓練を行なった後。

バケツリレーや、防災グッズの触れ合い体験会、等々。

私も、電動車椅子を使用させて頂いたり。

(購入すると○十万円しますが、レンタルでは月に千円位で利用できたりも)

災害時、お風呂に入られない時も「こちらで全身を拭いて清潔に」と。

ウェット・ティッシュの巨大版を体験したり、何よりも…

専門家の方々と「災害」について、色々と意見も交換させて頂きました。

さすれば、ある防災士の方から…

「地元大学で、学生が防災ブースを作っているので見に行ってあげて下さい」

と、お話を頂戴したモノですから、続いて、その大学へ。

つまりは「学祭」の一環で防災ブースをキャンパス内に設置さられているのですが。

入口で、学生さんから「こちらを宜しくお願い致します!」と、元気よく。

手渡されたのが、サンフレの「ホーム最終戦」の告知チラシ。

「分かってルじゃないの若人!」

なんとも嬉しいではありませんか♪

そして、手作り感が満載の防災ブースも拝見させて頂きました。

(学生が問題意識を抱き、こうして形にしてくれる事は、かくも有り難く)

その後、約束していた地元地域で行なわれる「出張」献血へ。

また、仕事の電話連絡等、色々と業務はありながらも。

割合に全てがスムーズに進み、ふと落ち着いたのが?

冒頭、日曜の19時を回ったところであります。

確かに、土日連続で昼食を食べられなかったりもして。

常に駆け回ってはいたのですが、通常の週末に比べれば。

それはそれは、ゆっくりと時の流れた今週末。

動きながら「リフレッシュ」させて頂いた次第で、明日からも。

頑張りまっせ!より一層!

投稿日 : 2018年11月18日
slowly but sorely(ゆっくりだが着実に)

Sense

今週の月曜日から、常任委員会の“県外視察”がスタート。

総務、消防上下、文教、経済観光環境、厚生、建設と。

各6委員会が、それぞれの目的を持って、他都市へ視察に向かいます。

(月曜、火曜、水曜と、それぞれ時間差に分かれて広島を出発)

ちなみに、私は“経済観光環境”の委員(所属)なので…

「火曜に出発の木曜日に帰広」班だったのですが、その間に?

調整の利かない幾つものアポ、現場を抱えていた為、今回の視察は欠席。

と、そんな手前の話は別にせよ、昨日(木曜)あたりから。

先陣を切った「月曜出発班」(水曜に帰広)の議員さんが、議会棟へいらっしゃり。

視察先で「何を見聞きしたのか?」その話を色々と伺うにあたって。

例えば「福岡市」(へ視察に行かれた議員)の場合。

一昔前は、札幌、仙台、広島、福岡、この「さっせんひろふく」が?

東京や大阪、名古屋へ続く都市として、よく「比較対象」とされていました。

しかしながら、そんな他都市とのライバル関係も、今や、どこ吹く風。

時に自虐的に「広島市は他都市に大きく差をつけられてしまった」なんて論調も。

近年、巷間(ちまた)や議会では度々、耳にしたり致します。

つきましては改めて、福岡市の話。

「アジアのゲートウェイ」を掲げ、しかも国内に留まらず、アジア圏の中でも?

常に「住み良い都市」の上位に位置づけられ。

インバウンドをはじめ、域外より人々を呼び込み、交流人口を増やすべく。

あらゆる都市が観光やMICE戦略の推進へ、躍起になる昨今。

福岡市では、MICE(会議、学会、展示会、イベント)の申し込みを…

年に130件ほど、客船等の入港を90件ほど、謹んで「お断り」されているとの事。

いわゆる「手一杯」ってやつです。

他に、福岡市への視察から戻った議員さんによる仔細の話(ご報告)は。

文字数を要するので、ココでのテクニカルな部分は割愛させて頂くにせよ。

総じて「所感」を伺えば、とどのつまり…

「福岡市は都市のセンスが違う」と述べられておりました。

うむ。激しく、著しく、激しく、同意。

(私も元々、本籍地は父親の関係で「福岡」であり、そこを知る一人としても)

抽象的な表現を用いて誠に恐縮ながら、やはり「街づくり」に関して言えば。

数々の物理的なエビデンス(証拠・論拠)は大事ながら、でもでも。

「センス」(感覚)って、根幹の部分で、非常に重要。

コレは何も、愛する都市「広島」を、卑下、揶揄する「ばかり」にあらず。

近年、要所では民間の方々の新たな感性を活かしながら。

街づくりにも「新風」が吹きはじめ、広島も「変わりつつ」はあるのですが。

(駅周辺が新しくなったね♪めいた、表層的な事象でなく)

実際、ガラパゴスには失礼千万ながらも、まだまだ広島は…。

何も、ファッショナブルで、時代の最先端を行くべし、なんて事ではありません。

「自らが洗練されたセンスを持ち合せている」なんて、申してもおりません。

はい。センスです。

街づくりにも、要センス。

投稿日 : 2018年11月16日
Sense

stress management

雨にも負けず、風にも更には風邪にも負けず。

雪にも夏の酷暑にも負けぬ、一応は丈夫な身体を持ち。

決して怒らずと努めながら、時には怒ってしまい。

基本、夜は一切の炭水化物の摂取を絶っては。

あらゆる事を、可能な限り、自分の勘定には入れずに。

東に地域の要望あれば、行ってヒヤリングをし。

西に地域の会合あれば、準備に議事進行、片づけまで従事。

南に本会議や委員会があれば、率先した発言を行い。

北に催しがあり招待を受ければ、笑顔で駆けつける。

諸々、全ての移動は、大よそ自転車で。

と、宮沢賢治氏に最大限の敬意を払いつつ。

そういう者に、私はなっていたりする訳ですが。

昨日は、現場間を移動するにあたり。

久々に車のハンドルを握ったらば、相変わらず。

狭い道を暴走する、ウインカーも出さず車線変更を繰り返す。

頑なに他者へ道を譲らない、信号無視は、いとも平気。

そんなドライバーと幾人も遭遇し、「ゆとりの無い」運転をする…

ドライバーを、全て平穏に許容する「ゆとりの無い」私にとり。

昨今「あおり運転」等が、明白に社会問題化しておりますけども。

昨日とて、やはり公道上にて、ストレスを抱えてしまう結果に。

翻り、本日は朝から通常の自転車移動となれ。

風を頬で受けながら、四季の移ろいを目に、のんびりマイペース走行。

無論、私も車は好きであり、問題は車にあらず「運転マナー」ながら。

でもでも、改めて「自転車」は良いネ♪

折角の機会なので、自転車にまたがりながら、話は海を渡れば。

先進的なオランダをはじめ、欧州などは「自転車専用レーン」に留まらず。

交差点に駐輪場、そのまま公共交通機関への乗車に至るまで。

(中には自転車専用の「ラウンドアバウト」まで設置されていたりもして)

それは「自転車の利用(走行)環境」が整えられております。

例えば、本市は「川」の街とも言われ、南北に大きな川が流れては。

その隣には並行して「管理道路」等も延びていたり致しますが。

この辺りを「自転車専用レーン」にアレンジ、確立して行ったならば?

郊外のベッドタウンから都心へ、自転車での直線的な移動が容易になり。

利便性(アクセシビリティ)の向上、渋滞の緩和、人々の健康増進と。

確実に“住み良い”都市になる事、請け合いで。

(ホント、欧州の徹底された自転車施策は素晴らしいモノがあります)

「ならば、相応の立場に居るのだから実現しなさい」

との、ご指摘もあろうかと。ハイ。

今後とも、一足飛びに実現はされずとも。

あらゆる方面の環境整備に、一漕ぎ一漕ぎ、取り組んで参る所存です。

投稿日 : 2018年11月14日
stress management