インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

パス交換

昨日のブログに文体を似せれば、サンデーモーニング。

7時台に、私は“東区のある小学校”に足を運んでおりました。

理由は「小学生のサッカー大会」が開催されるにあたり。

(今年が24回目、県内や山口に岡山、千葉からも参加アリ)

開会式で「全48チームの名称、登録選手人数、監督名」を読み上げる。

この業務(アナウンス役)に「毎年恒例」でお声掛けを頂いており。

今朝も、梅雨の合間、いまにも泣き出しそうな曇天を吹き飛ばすべく。

「日曜の朝も早々から、一声、叫んで来た」と♪

まずは、校庭に全チーム(全選手)が“横一列にズラリと整列し。

一例を挙げれば、私が…

「お隣り、岡山県より参加!」「きび団子サッカークラブ!」

「登録選手15人!」「監督は、桃!太郎!」とアナウンスしたらば。

そのチームの選手全員が「ウオォ!」と声を上げ、前に歩み出る。

そこへ、他のチームの選手や開会式に参列する保護者に関係者より…

「拍手が送られる」段取りで、コレを“48回”繰り返すと(笑)

当然ながら、淡々と1チームずつ紹介しても、相応の時間を要するので。

アナウンス側として、最も懸念するは「間延び」です。

「嗚呼、いつまで続くんだ、この時間」との感情から来る倦怠感。

ゆえに、私は都度、多すぎず、少なすぎずのアドリブを挟むのですが。

全48チーム中、「約3分の2」ほどのチームを紹介し終えた所で?

徐々に読み上げられたチームへの「拍手」が少なくなって参りました。

そこで、私は一時、アナウンスを中断しては、全チームへ向けて。

「拍手を他人へ送られる人間だからこそ」

「自らも拍手を送られる側の人間になれる」

「自分が他人から送られ、受け止めた拍手は、キチンと他人へも返しなさい」

「でないと良いサッカー選手には成れんぞ!」

と、一言、挟み、引き続き、チーム紹介(アナウンス)を再開したらば?

これまた新鮮な色合いを持って、皆が他チームへ拍手を送るようになり♪

全チームのアナウンスを私が終え、開会式も終わった後に…

ある指導者さんから言われました。

「さすが石橋さんですね♪」「あそこで今一度、拍手を喚起させるとは」と。

で、私は「自らの所作」を自画自賛しているのではございません。

何も今回の開会式に限らず、皆で集い、皆で創り上げる空間(時間)。

そこへ対して「アレ?」と違和感を覚えて下さる、前述の指導者の感覚。

その“感受性”が嬉しく、改めて書き綴っている(取り上げている)次第で。

実際、この社会に於いても「そこら」を感じて下さる方々が…

「少ない」とは申しませぬが「多いとは決して言えない」は、実情。

余談となれ“経験の浅い”若い喋り手となれば?

とかく「48チームをミスなく言い切る」ここへ注力して視野狭窄に陥るのは常。

無論、私も、まだまだ成長過程にありますが、とどのつまり。

「共に学ぶぞ!若人よ!」に尽きます♪

さて。

なんだかんだで、夜は22時前に帰宅の濃密な日曜日。

明日からの議会も、引き続き、頑張るべ!

投稿日 : 2017年6月25日
パス交換

けいぞくはちからなり

サタデーモーニングも早々に、体は議会棟にありました。

(週末は6月議会も休会で議会棟の中も消灯されています)

包み隠さず率直に吐露すれば?

今朝は珍しく、少々の“疲労感”が残っておりまして。

普段であれば、炎天下に長時間の肉体労働で大量の汗を流したり。

また、数々のデスクワークや各種の公務をこなし、東奔西走しても。

「心地よい疲労感」を覚える事は常ながら…

翌朝まで「疲労感が残る」は稀であり。

それだけ、流石に昨晩は疲労困憊でした。

(でもでも相変わらず元気です♪)

なにぶんにも。

現在、6月議会の“会期中”であり。ながら。

たとえ「会期中」であれ、私共は?

数々の案件を「同時並行」(進行)させておりまして。

「議会中」だからと「議会だけ」に専念できるにあらず。

無論、それは「手を抜いている」でなし。

議会には“全力”で取り組んでおります。おりますが。

色んな業務のタイミングが、兎にも角にも重なり。

そんな日々が続いては、昨日あたりにピークが訪れていたと。

ただし、本日も色んな作業や行事があった通り。

体調のリカバーにしても。

歩きながら、動きながら、回復を図る次第で。

(何も私達に限った話ではございませんけども)

なんだかんだ申せど、この様な環境に身を置けている事実。

有り難い話です。

頑張らねばね。まだまだ。

では、結びに昨日の“余談”を一つ。

私が一般質問へ向かう数十分前に、事務局の市職員さんから…

「石橋議員!」「何分、喋られますか?」と、問われましたので。

22ページの原稿…

「キッチリ29分に合わせましょう♪」と、ご返答させて頂き、結果?

「28分53秒」でした。

まだまだです。まだまだ。

投稿日 : 2017年6月24日
けいぞくはちからなり

繰り返しとなりますが、明日23日から。

6月議会の“一般質問”が始まります。

僭越ながら、トップバッターを務めさせて頂くにあたり。

「読み上げ原稿」も出来上がりまして、後は本番を待つのみ。

さて。

「読み上げ原稿」とは?

私共が一般質問の際に、持ち時間「30分」を要し。

“そこ”で喋る(質問する)内容を書き込んだ原稿であり。

(喋りの業界では「ナレーション原稿で「ナレ原」と言いますが)

個々の喋るスピードにもよりますが、大よそトータルで「9,800字」位が目途。

私などは、遡る事6年前、生涯初の一般質問の際に…

「約12,000字」を盛り込んでしまい、まくしたてる様な早口で完遂した事も。

大前提として、議会は「ルール」で動いているモノで、たとえ1分、1秒であれ。

「自らの持ち時間30分」を超過するわけには参りません。

で、それぞれの議員により、読み上げ原稿の“作成手法”は様々ながら。

私の場合、取り上げたい「内容」(質問項目)は、常に幾つも抱えているので。

正直な話、いつでも直ぐに書き上げる事は可能です。容易。

しかしながら「永遠に残される議事録」にも掲載されれば、他方で何よりも。

議会(議員)に市職員の幹部が一堂に会する“貴重な機会”での発言。

如何なる事案を取り上げるにせよ、建設的であり発展的。

ある意味で、示唆に富む「有意義な時間」にせねばならず。

(市民の皆様の前で当然です)

故に、私は。

時間を見つけては、いつも早め早めに取材・調査と並行させながら。

まず「20,000字」〜「30,000字」の叩き台を書き上げ、そこから?

徹底した推敲を重ねては。

コンパクトに「約10,000字」弱にまとめ、最終稿を作り上げる次第で。

ただし、この作業…

苦痛にあらず♪

「今、何を発言すべきで、その為には、如何なる視点から?」と。

そう考えますと、偶然かな、先だっての話になりますけども。

「遥か以前に」と申せば失礼ながら、一昔前に退職された…

市職員OBさんと、ある席で御一緒する事になり。

その際、一般質問にも話が及んだらば、先方様より。

「市職員に読み上げ原稿を書いてもらうの?」と、率直な質問を浴び。

「まさか!絶対に在り得ませんよ!」と、返答させて頂いた通り。

こんな自らを鍛え上げられる好機(原稿の作成)を、他人に任すなんて。

そんな勿体ない事、繰り返しとなれ、私には在り得ません♪

書き物だけに…

かくすれば、かくなるものとしりながら、やむにやまれぬ原稿作り。

さあ。

就寝前に今一度、明日の準備をば。

投稿日 : 2017年6月22日