インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

Ultra Seoul

日々、矢継ぎ早のスケジュールの合間を縫って。

この木曜日まで、二泊三日で韓国のソウルへ視察へ行っておりましたので。

コレより、簡単ではございますが、そのご報告をさせて頂くにあたり。

先ずは、韓国のプロフィールから触れて参ります。

大統領を元首とする「立憲民主共和制」で、三権分立を採用しての国会は一院制。

人口は「5千万人」弱ながら、サムスン電子や現代、LGなどの企業が世界的に躍進しては。

そんな隣国の首都であり、いわゆる日本の政令市の様に「特別市」に制定され。

朝鮮語で「みやこ」の意味を持つ、「ソウル」市。

ソウルの人口が「1千万人」強ですから、ほぼ東京都(約1350万人)の規模を誇り。

市議会議員は、106人(広島市は54人)いらっしゃるのですが。

この度、ソウル市議会を表敬訪問させて頂いた際に、広島市議会130年弱の歴史上…

“初めて”先方の「議長」さんとお会いする事が叶い。

国家間を含め。

過去の歴史には色々な背景があれ、描く未来の平和と友好は一緒なれと。

世界の各都市が次々と加盟して下さっている「平和市長会議」について。

「ぜひソウル市も加盟へのご検討をお願い出来まいか」

と、要請文をお渡しさせて頂いた次第で、重ねて。

「今後も都市間、市民間での交流を継続して行きましょう」

と、笑顔で誓い合いました♪

ココを契機に、ソウル市の「公共交通」政策を学ぶべく。

市役所の「バス政策課」を訪れたり、現地であったり観光公社へ出向いたりと。

いずれにしましても、首都であり特別市でもあるソウルは?

前述の通り、国の「4分の1」程の人口が集中していれば、隣に位置するは…

「アジアの空の拠点」として有名な、ハブ空港のある仁川(インチョン)市をはじめ。

この「首都圏」一帯に、国の約「半分」の人口が集中しているのですから。

(日本の「東京一極集中」より上のレベルの『一極集中』が起こっている)

それこそ中国の“先富論”ではありませんけども。

国が兎にも角にもソウルへ重点的に力を入れている!

ので。

やる事(政策を実現する為の施策)が、早く!濃く!かつダイナミック!

なのです。

何車線もある大通りの車線を大胆に減少させ、大きな中央分離(緑地)帯を設けたり。

汚染の進む川の上に、高架が出来ては。

丁度「首都高」(もしくは西広島バイパス)の様に、車がバンバン走行していたモノを。

道路も高架も取っ払い、約6kmにも及ぶ、水に親しめる公園にしたり。

市役所の前にあった大きなロータリーは、全て芝生の広場へ変貌を遂げたりも。

(あの2002年のサッカーW杯の際に何万人もの国民サポーターで真っ赤に染まった広場)

何でしょう。繰り返しとなりますけども、国や市が。

「やる!」っつったら「やる」んです。

ただし、全て「強引なパワープレイ」でなく、そこへの市民合意を得るべく。

市民や各種団体、学会、業界、etcで構成される委員会を設置して充分に協議したりと。

プロセスは経るのですが、広島市の様に、グルグル&コソコソはしていない♪

無論、双方には、それぞれの功罪があり、韓国には韓国の課題はあって。

「さすがソウル!」「駄目だな〜広島」そんな胆略的な話はしておりませんが。

っと、本題へ入るとして、韓国の公共交通機関(主にバス路線)たるや…

日本の国交省が「教えて下さいまし!」と視察に訪れる程、進んでおります。

例えば、バス事業については「準公営制度」を導入しており、簡単に申すと?

「行政が民間会社を束ねて一括管理している」と。

市内バスなどは、運営会社が66社、車両は約7500台の約360路線。

その会社間の垣根を越えて、「幹線」を担当するバスは青色。

「循環」バスは黄色、「広域」の急行バスは赤色、隅々までの「支線」バスは緑色。

と、分かり易く色分けされ「何処から何処まで」の行き先は数字で簡単に区分される。

そんなバスの定時性、速達性を確保すべく、バス専用レーンが張り巡らされ。

バスからバスへ、バスから地下鉄への乗り継ぎは、安価で簡素&便利に、等々。

しかし、このレベルで「お手本に!」と感嘆しているのではなく。

ソウルのソウルたる所以はココからで、その交通網の「情報管理」にある。

長々と書き綴って参りましたので、続きは次回と致します。

投稿日 : 2016年4月29日
Ultra Seoul