インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

まさに TAKE FREE

私の所へ「手に入りませんか?」との率直なる要望が入り。

それから、丁度1カ月が経過いたしました。

現況は、どうなのかな? 既に増刷、流通しては手に入るのだろうか?

冒頭から何について話をしているかと申せば。

広島“県”の新観光プロモーションの一環でもあります…

全国で無料配布される「ガイドブック」の話。

補足までに、スタート時の平成25年度は「おしい!広島県」を展開。

(ガイドブック第1弾は地元出身アーティスト「Perfume」を掲載して話題に)

続いて、26年度に「泣ける!広島県」、27年度から「カンパイ!広島県」。

(ガイドブック第2弾も地元出身アーティスト「奥田民生さん」を起用して話題に)

そして、本年度は昨年のスローガン「カンパイ!広島県」を継続中。

そこへ投入されたる第3弾のガイドブックには?

人気俳優の「斉藤工さん」が表紙を飾り、コレまで綴って参りました…

一連のキャスティングも伴った話題性に、無料も手伝い。

約1カ月前は、配布と同時に「過去と同様」ガイドブックは品切れ状態に。

で、「市議会議員ならば何冊も持っていらっしゃるのでは?」

「是非とも一冊プリーズ」と。

知人から、私へ一報が入った次第でございます。1ヶ月前に。

ちなみに「県」主導のガイドブックでありながら、「県」議会議員さんでも?

お一人様「一冊」が自らの机上へ配布されるか?否か?の実情であり。

言わずもがな、「市」議会議員側には、一冊も回って参りませんモノで。

(コチラにも「回してくれよ」なんて遠回しに懇願している訳ではありません)

当時は「どうにも手配がつかない」旨を、先方へお伝えさせて頂いたのですが。

今現在は、手に入る様になったのかな?と。

そもそも「ガイドするブック」が品薄って、本末転倒で。

「何処へも導けないでしょうに」って話なれ。

意図的であろうが結果的であろうとも。

この枯渇、渇望からの話題作りと人気へ対して、天邪鬼の一言居士。

「なにかケチを付けてやろう」なんて、思った事すらありませんが。

でも、どこか「間違っている?」気がしない、でもない♪

ただ、そこらは別にせよ、相も変わらず、コチラのガイドブック一つを取ってみても。

市民や県民の税金が制作費(企画料込み)等々の名目で、ジャブジャブと…

「県外」へ流れ出てしまっている事実。

ある地方の、ある会社が受注しては、そこから再度、下請けに…へと。

オイオイ。

補足すれば。

上記の広告代理店なり制作会社なりが「悪い」であったり。

オートマティックに、血税が県外へ「が悪い」なんて話にあらず。

アスリートと一緒で、やっぱり「試合に出ない」と人は、人材は育ちません。

こうしたクリエイティブな世界など、特にトライ&エラーの“経験”がモノを言う。

なぜに地元に発注しない?

なぜに地元のクリエーターに経験を積ませない?育てない?

なぜに地元で「みんなが納めている」お金を「生かし」循環させない?

繰り返しとなれ、この度の一件に留まらず。

「全てを地元で回し、完結させろ」なんて申してはいない。

その辺り、ケース・バイ・ケースなれども。

こと“県政”に関しては、いつもながら「網目が粗くデカイ」。

そんな印象を「抱き続けている」今日この頃。

色々とあるんだろうじゃない。県も。

投稿日 : 2016年7月26日
まさに TAKE FREE