インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

ラッキーナンバー7

さて。

この度、取り上げたるは勿論…

おっと!ホットな!仮装の都知事!

つい手元を誤ってしまいました。( ̄◇ ̄;)

もとい、スポットを当てるは、勿論。

広島生まれの広島育ち、2000年から広島でプレーしては…

広島一筋17年。

今季で引退を表明した、森崎浩司選手。

丁度、私がサンフレッチェでスタジアムDJに就任したのが?

2000年の2ndステージでしたので、ホームゲームに留まらず。

クラブ関連のトークショー等が行なわれる際は、事ある毎に御一緒し。

その後、彼の結婚披露宴では、私めが司会も務めさせて頂くなど。

長きに亘るお付き合いをさせて頂いているのですが。

今一度、表現するなれば?

人懐っこく、優しい、本当にピュアな男。

ゆえに、その真面目さが、幸いしながら、災いもして。

「オーバードレーニング症候群」を発症してしまい、プレーはおろか。

笑う事も泣く事も、家から出る事も出来なくなった時期も。

そんな長期離脱がありながら、病気とブランクを克服したかと思えば。

他方で「2度のJ2転落」も、多くのサポーターと共に味わった…

今となっては、いつの間にかベテランと呼ばれる古株選手。

そんな彼の、今季に留まらず、現役選手としての「ホーム」最終戦。

如何なる予定があろうと、立ち会わずにはいられませんでした。

約2万3千人が埋めるスタジアムで「先制」したのは?!

我らがサンフレッチェ広島!

得点者は、浩司君と苦楽を共にしては、同級生でもあり…

クラブを「4年で3度の優勝」に導いた立役者、佐藤寿人君!

いきなりの“最高潮”が訪れ。

これ以上のドラマを演出するには、唯一“アレ”しかなかったのですが。

サッカーの神様とは、因果応報により、当該の選手やサポーターへ。

キラキラと輝く、最良のプレゼントを贈り、届けてくれる。

ピッチ上に表現、表出されるは、浩司君の追加点!

スタジアムには紫色が狂喜乱舞します♪

そして、誰もが試合時間、制限時間、残り時間を惜しみながら。

タイムアップ。

試合後には、彼の引退セレモニーも行なわれ。

言わずもがな、試合前から試合中、試合後と「ココまで」に。

幾度もの“泣きどころ”が訪れている訳で、私など号泣の連続。

ある意味で、脱水症状も宜しく、涙も枯れ果てておりましたが。

やはり。

最後は、彼に直接「ねぎらい」の言葉を届けたく、ピッチ上へ移動する事に。

全選手は試合後の場内一周ラウンドを終え、ロッカーへ帰り。

観客席の前には「森崎兄弟」(双子の兄と共に)が残っているのみでしたので。

森崎兄弟のもとへ向かうべく、歩き始めた瞬間!?

誰も居ないはずのベンチに、一人、座っている選手がいる。

アレ?

無論、誰も気づいていない。

近寄ってみると、そこには寿人君の姿が。

「ナイス!ゴール!」と話しかけると、静かに「語り始める」と言うより。

「吐露」の域。

気持ちを吐き出す様に、言葉を発し始める。

「出来れば同級生3人で一緒に引退したかったです」

「淋しいっスよ…」。

「3人」とは、寿人君と森崎兄弟の事で、この3人の中にあり。

引退を表明したのは、浩司君のみ。

紛れも無い“本音”だったんだと思います。

何も30代も半ばに差し掛かり、ベテランを迎えた選手の話にあらず。

世には「約1000人」のJリーガーが存在しますが、その選手「平均」寿命は?

4年。

年齢を負おうが、負うまいが、毎年一年一年が勝負の彼ら。

だからこそ、今日まで長きに亘り、幸運であり偶然にも。

「一緒にやって来た」戦友、親友だからこそ。

「一年でも長く」一緒にプレーしたかったんだろうなと。切に。

思わずコチラは後に続く言葉を失ってしまいましたけども。

改めて。

心の底から、有り難う。有り難う、浩司君。

彼の夢は、この広島にサッカースタジアムが誕生しては。

広島の子供達が大きく成長し、彼らが“そこ”でプレーする事だそうで。

ラウンドを終えた彼と抱き合い「必ず実現しようぜ!」と、誓い合った次第。

いやぁ。

スポーツは良いなぁ。

やっぱり良いよ。

投稿日 : 2016年10月29日
ラッキーナンバー7