インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

生涯学習

アチラの行事で、パシャリ♪

コチラの行事で、パシャリ♪

と、日々を駆け抜け、嗚呼、迎えたるは月曜日。

本日10時には「ぎうん」(議会運営委員会)が開かれまして。

1週間後に開会の迫った「12月議会」の日程等が決定。

13時からは「12月議会」へ向けた会派の勉強会が行なわれ。

いよいよ&そわそわと、せっつかれて参りました!

なぜに?

今議会では「一般質問に立つ」予定にあるからです。

つまりは、如何に内容を構築しては、何を行政側へ質問するのか?

今現在、この準備に追われていると。

世間一般では、議員が本会議場で行なう一般質問に関して…

どの様な印象を持たれているのか?

そもそも印象すら無いのか?定かではございませんけども。

議員の立場からすると、各々の議員で個人差はあるにせよ。

「本会議場で質問した(喋った・語った)確かなる形跡」が…

120年以上にも亘る「広島市議会の歴史の1ページ」として。

一言一句、永久保存版の「議事録」に明記され、残されて行く。

まずは、ココへの矜持と申しましょうか。

先達に泥は塗られず、重きを置き。

何も、そんな「体裁を繕う」べく、が如く。

懸命に準備を進めている「ばかり」にあらず。

与えて頂いた職責を真摯に“まっとうすべく”準備しているなれど。

いずれにしても「ハンパ」は出来ません。

しかも、平素より多岐に及ぶテーマについて活動しているので。

「質問」など、幾らでも用意は出来ますし。

私の提起に提案が「的を射ている?」か否かは別にせよ♪

何十分でも、何時間でも、いくらでも喋られる。

が、しかし、本会議の場では?

市政に関る枝葉末節の部分を追求するでなく。

そこは「各委員会で突き詰めれば」の話であって。

市政に関る「根幹」部分に言及しなければならない。

と、私などは大ベテランの先生方から一貫して教わって参りました。

「市議会議員だろ?」

「自らの選出『区』の話ばっか触れんじゃねえぞ!」と。

無論、具体個別の「区」や「局所地域」の話が完全NGにあらず。

他方。

「根幹」と申しましても、何も壮大なテーマばかり追求するのも違い。

言ってみれば「正解」など無く、誰が何と言おうとも。

そこは個々の議員を尊重すべく“自由度”が保障されている。

で、現在の私は、今日や昨日に始まった準備でなし。

かねてより各所へ出向き、ヒアリングに調査や研究を行なって来た。

その「集大成」との大仰なニュアンスより、どこかプロローグ感はアレ。

行政側へ、質問して行きたいかなと。

なにぶんにも、関係各位との“やり取り”が英文である時もあって。

勉強する為に、先ずは勉強しなければならなかったりも。

ながら「本番」よりも「そこへ」向かいながらの…

こんな尊い時間の連続が、自らを成長させてくれるのは確か。

ただし。

本日も13時からの勉強会の後に、政務活動費の会派勉強会。

その後、15時40分からと16時10分から私学助成の陳情があったり。

夜は夜で地域へと出向き。

日中は、なかなか議会への準備をしていられないので…

言わずもがな、夜中が勝負!

頑張りまっせ!

投稿日 : 2016年11月28日
生涯学習