インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

亜米利加合衆国。略して「米国」に触れる。

いやはや。

あの御仁が超大国の新大統領に就任されては。

白い家の主(あるじ)となりて。

当事国では「約6割」の国民が、早くも不支持であったりと。

米国がクシャミをすれば、日本国をはじめ、地球上に風邪が蔓延する通り。

世界がグラグラと揺らいでいたりします。

そんな、今日まで…

「グローバル化」が標榜され続けて来た、ボーダレスな世の中にあり。

コチラの広島でも、例えば?

取り沙汰される「NAFTA」(北米自由貿易協定)見直しの行方。

メキシコに工場を持つ、自動車メーカー「マツダ」に飛び火する可能性もあれば。

あの「ピコ太郎」お馴染みのメロディに乗せて…

I have a 環太平洋♪

I have a 連携協定♪

ウンッ!

環太平洋連携協定♪

と、PPAPならぬ「TPP」の問題しかり。

国家間の安全保障を含めた外交、等々、枚挙に暇なんて無く…

「トランプなんて、知らんぷり」なんて話にはなりません。

果たして、荒ぶる大の統領が、今後も如何なる手腕を振るわれるのか!?

極東に位置する島国の西部にある安芸の国の住民も…

面する“内海”の様に、穏かではいられないかと。

顧みれば、私などは「バーニーサンダース氏」に期待していただけに。

(同氏の熱烈な支持者では無く、同氏がタクトを振る米国を見てみたかった)

「なぜ民主党は、アレだけ国民が連邦政府へ対して不信感を抱き…」

「強いアレルギー反応を示す、その象徴とも言えるヒラリーさんを候補に…」と。

今更ながら、四の五の言いたくも。

しかし「ヒラリーさんが負ける」とは、ある種、誰も思っていなかっただけに。

改めて、視線に目線は、前へ、未来へ、広く、向けると致しまして。

折角の機会ですから、今年の「世界の暦」へ、ザックリと目を向けたらば?

春先より、夏が訪れるあたりまで。

「オランダの議会(下院)選挙」「イギリスでのEU離脱通告」に。

「フランスの大統領選挙」「G7の首脳会議」もあれば。

「韓国の大統領選挙」が訪れるかも?

夏には国内で耳目の集まる「東京都議選」が行われては。

再度、世界では「G20の首脳会議」や。

夏から秋口に向けては「ドイツの連邦議会選挙」と。

より自国ファーストの色濃い、反グローバル化へ…

一気に針が大きく振れる可能性は伴っていて。

2017年は、どうなるモノぞ?!

ながら、かのマザーテレサ氏への問い…

「世界平和の為に、我々は何をすれば良いですか?」への回答。

「まずは家に帰って家族を愛しなさい」の通り。

話は突如、約6年前に遡りますが。

私が生まれて初めての「選挙」に挑んだ、その前段。

地域の扉を開くべく、訪れた一件目の飲食店で、店主から開口一番…

「あんたが市議会議員に当選するわきゃないだろう♪」

「絶対に無理だって」「そんな簡単なもんじゃねぇ!」

と、いきなり世間の洗礼を浴び、その後も数カ月に亘り、各方面より…

「土着性の強い市議会議員選挙には当選できんよ〜」

と、言われ続け、選挙を迎えては、投開票が終わり、結果が出た翌日。

お蔭様で当選させて頂いたのですが、同時に落選した方々もいらっしゃり。

如何なる候補者であろうとも、伊達や酔狂で「立候補」しているにあらず。

みんな「自らの人生」を、少なくとも「半生」をかけて挑んでいるは事実で。

どこか、公衆の面前にて、諸手を挙げて大喜びする気分にもなれず。

運転する車の中で初めて一人になった際に、オイオイ号泣したモノです。

うむ。

幾つもの年月を経ようとも、忘れてはならない原点がある。

まずもって、今後とも。

目の前の最も身近な人々や地域の幸せ、その希求と実現から。

一つ一つ、また一つ、地道に笑顔を増やして行く所存です。

投稿日 : 2017年1月23日
亜米利加合衆国。略して「米国」に触れる。

NOT!人任せ!

通常「生き物」とは、冬季になれば、本能的に…

体内へ「脂肪を蓄え」外気に対応、生命を維持しようとするモノ。

しかし、単純な物言いをすれば、カロリー(栄養価)にせよ。

連日「摂取」する以上に「消費」していれば、体重は減少へ向かう。

さて。新年に入り、今日までに…

はや3キロ弱は体重が落ちております。

(お蔭様で非常に元気ではありますけども♪)

夕方頃になって「アレ?そういやぁ昼を食べてなかったな?」とか。

朝を迎えて「また夜を食べなかったか」なんて日々なので。

かつ、敢えて「就寝」時を表現するなれば。

毎晩「スゥ〜」と寝入る、「ストン」と寝落ち、そんな感じにあらず。

「ドスン!」と、いつの間にか気づかぬ内に寝ているので。

ブログの更新も、しばし滞っていた次第です。

(通常、夜の深い時間からブログを書き始めますモノで)

そこで、前回の更新(18日の水曜日)後の日々を振り返れば?

19日(木)は、地元や議会を行き来しながらも。

ある交通量の多い橋の“歩道”箇所を通過したい際に…

積もった雪が全く溶けておらず。

また、全線&全面がアイスバーンの橋上、ある通行中のお婆ちゃんが…

「誰も何もやってくれんのんよ」と、ボソリ一言。

なにぶんにも本当に危ない状態だったので。

相も変わらず、即座、条件反射に“心のギア”が入る私(笑)

大きなスコップを取りに行き、次の予定もあったので、取り急ぎ。

片側だけですが、徹底、除雪!を、していたらば?

あるお母様が自転車を止められては、わざわざ買い袋の中から…

「本当に有り難う」「コレ食べてね」と、手渡されたる、お饅頭。

温かいね。お心遣いって♪

おっと!この時点でも字数を要しているので、テンポアップ。

金曜日は、豊島議員にお声掛けを頂き、社会貢献をしようと…

様々な活動を展開されているご婦人方の前で、お話をさせて頂き。

会派のクラブ会あり、常任委員会あり、夜から異業種間交流会あり。

その席、何十年ぶりか「中学生時代の同級生」(女子)と偶然にも遭遇。

開口一番…

「えっ?石橋君は、お腹が全然、出てないね!?」ですって(笑)

返す刀で「腹など出してるヒマはねぇ!」っつって♪

そして、土曜日は?

かねてから、定期的に市内各所にて勉強会や報告会、街頭演説等。

我々サイドから、様々な声を発信させて頂いてはおりましたけども。

「まだまだ市民の方々とコンタクトする機会は不足していて」

「より発信して行くチャンネルを増やさねば!」と。

同僚の豊島議員、三宅議員と共に、新企画をスタートさせるべく…

広島でも屈指のディレクターと組んで、市政に関する広報番組を収録♪

しかしながら、まだ「編集」等を施さなければなりませんので。

配信は、ちょっと先になりますけども。

今後、この辺りの進展はご報告させて頂きますので、ご期待下さい。

うむ。

急に話題は飛躍しますが、他国では?

我々の世代(40代)で普通に「大統領」とかいらっしゃいますし。

思い上がるでなく、まだまだ研鑽は積みながら、分は相応であれ。

全てを人に任せ、安住するでなし。

徐々に我々が打って出て行かなければ!

引っ張って行かなければ!ってね。

頑張るべな♪ 引き続き。

投稿日 : 2017年1月22日
NOT!人任せ!

汝、テメーの事だけ考えないで

Facebookでも触れたのですが、改めて。

話の発端は、昨年末に遡ります。

我が家から約3キロの所にある、300m弱にも上る“大きな橋”を通過した際。

車道横の歩道上、そのド真ん中に「大きなゴミ袋」が投げ捨てられておりました。

(断定できずとも明らかに「運搬中の落下」とは思えぬ状態)

透明のビニール袋から覗き見えるのは?

幾つものコンビニ弁当ガラや空き缶、ペットボトルに濡れたティッシュ。

また、割れたビンの破片まで袋の中に散乱する、ゴチャ混ぜの汚物コンテンツ。

しかしながら、私も“交通量の非常に多い橋”の上で停車する訳にも行かず。

あんな目立つ場所に、あんな大きなビニール袋が存在する、がゆえ。

そこは「何か手立てが打たれるモノであろう」と割り切っては。

どこか申し訳なくも、その場をスルーして車を直進させ、目的地へ向かいました。

そして、あの日から年を越しては、3週間が経過した先日。

久々に前述の橋を通ったらば…

あのゴミ袋が「全く同じ場所」に放置されたまま! ((((;゚Д゚)))))))

オ〜イ、オイ、オイ、オイ!と。

そこで、帰宅時に迂回しては「その橋」へ立ち寄り。

極彩色の汁、液体がダラダラと流れ出る、重〜いゴミ袋を片手で持ち帰りまして。

手袋しては、マスクして、我が家の庭先で破棄する前に分別作業です…。

ちなみに、補足と致しまして。

「私って、こんな人間なんですよ♪」と、世に喧伝しているにあらず。

要は、今日を迎えるまでに、あれだけ行き来の往来が激しい橋の上、中央部。

どう少なく見積もっても…

「数百、数千の人々の目」には、留まっていたでしょ?って話で。

重ねて「世間を糾弾しての犯人捜し」(見て見ぬフリをした人々)など。

「そんな」意味合いなど毛頭無く、言わば、この大きなゴミ袋との出会いに?

ある種「コレが政治であり、選挙の根幹でもある」と、感じられた次第で。

続けましょう。

通行量の多い1本道を歩んでいたらば、偶然にも大きな障害物が鎮座。

無論、気づいた当人は回避、無事に通過する事も可能です。

が、その後から「その道」(社会と言い換えても可)を通過する人々の中には?

幼子や妊婦さんも居れば、天候にせよ、雨天に積雪、夜間時など。

障害物が、誰かの「支障」を来たす恐れがあれば。

すぐ隣りの車道へ転がったらば?

大事故は避けられない、こうした「可能性」も充分にはらんでいて。

ならば、たとえ自分(世代)は大丈夫であろうとも。

“次に続く”人々の為に、そこへ「当事者意識」も伴わせ、何か手立てを打つ。

コレが政治であり、選挙の「投票行動」でもあり。

「私は自らの才覚で生き抜いて行けるので」

「世の政治が如何に混迷を極めようとも、無問題」

「どうせ何も変わらぬし、政治にも選挙にも、無関心」

それはそれで、ご当人は良いのかもしれませんけども。

現世とは「先達」のご尽力、ご労苦の上に成り立っておりまして。

社会に身を置く人々は、平和、安全、安心、利便性、等々。

120%“そこの”便益を享受しているモノ。

誰か一人の納税額で、警察や消防が運営されているにあらず。

車を走らせれば、通過する道路に信号機、一つを取っても同様。

つまりは「後の世代への環境整備」その責任も…

現世に生かされている私共の双肩に掛かっているので。

「私は、私でイイんですよ」「放っといて」「無関与」では、済まされない。

そんな口上を述べる私なども、まだまだ未熟の一語に尽きますが。

今後も、能動的に社会へコミットして行く所存であり。

新年早々、ゴミ袋に教えられ。

万物が我が師でもあって、汚物を内包した、透明なビニールの行方は?

キチンとゴミ出しの指定日に、分別の経緯を経て、ご供養しておきます。

南無。 m(_ _)m

投稿日 : 2017年1月18日
汝、テメーの事だけ考えないで