インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

淡い

毎度、議会棟へ向かうまでの一本道も…

今朝は春の優しい日差しに包まれ。

自転車乗りには、最高の季節が訪れております。

ここ数日間も、議員活動後に…

夜遅くまで執行部会に例会、司会業等が続くなど。

ちょっとドタバタで、ややヘトヘトになっておりましたけども。

全てをリセット、リフレッシュさせてくれる、この気候。

マザーアースからの贈り物に、心から感謝する今日この頃でありながら。

そんな慌ただしき日本特有の「年度末」の最中、世界へ目を向ければ?

アメリカはニューヨークの国連本部にて、27日の夜から。

「核兵器禁止条約」の制定へ向けた交渉会議が始まりました。

我が日本国は、初日こそ軍縮大使がスピーチをされど。

その後に続く交渉は“欠席”のスタンスを選択。

各紙面では連日に亘り「日本は不参加」の見出しが大々的に躍ります。

不安定で緊張の続く東アジアの情勢下。

この度の交渉会議へ向けて、かねてから日本国は…

「核保有国と非核保有国との間を取り持ち、橋渡し役を務める」

と、掲げておりましたけども。

米国トランプ政権との首脳会談でも“約束”を取り付けた通り。

「核の傘」を堅持しては、結果的に交渉のテーブルにはつかず終い。

そんな「JAPAN」の代表が着座するはずであった“席”には?

一羽の白い折鶴が置かれました。

この背景が29日に時事通信より配信されておりましたので、その記事をば。

「折鶴を置いたのはNGO『核兵器廃絶国際キャンペーン』のミエルスタッドさんら」

「今回の交渉に貢献した国に平和の象徴である折鶴を贈る活動だが」

「日本の場合『参加して欲しいという意味を込めた』という」

「ミエルスタッドさんは『日本の参加を重視している』と強調」

「日本が参加し『折鶴が寂しい思いをせぬよう連れ帰って欲しい』と呼び掛けた」。

補足までに、コチラの大きな折鶴には?

「Wish you were here」(貴方がココへ居てくれたらば)と書かれています。

他方、英語で被爆体験を伝え続けられている「サーロー節子さん」は。

28日に同会議の場でスピーチを行い。

交渉へ参加しない日本国へ対して…

「被爆者は自国に裏切られ、見捨てられているとの思いが強まった」

と、厳しく非難され、重ねて、その外交姿勢を…

「各国の要人を広島に招き核軍縮を主導すると言うが」

「米国の『核の傘』の下にいる限り、空虚でごまかしだ」と述べられ。

会場からは、大きな拍手が沸き起こったと。

ココまでを踏まえ「私見」を申せば、昨年の12月議会“一般質問”の場で…

質問項目の冒頭に“述べさせて頂いた通り”であれ。

(その時の模様、文言は当サイト“別欄”に掲載)

まずもって、建前論を展開すれば。

昨年、欧州へ足を運んだ際に「ある国を訪れ」大使と会談を持ち。

改めて私などは「世界情勢や国家間の外交」が…

「そんなにシンプルではない」事を、センセーショナルな程に痛切。

重ねて「一国」ともなると。

時には、相互に相容れない方針を打ち出さなければならぬ事もまま。

しかしながら、続いて持論を展開すると。

戦時に、最も辛い思いを強いられた方々へ対して。

戦後も、辛い思い(失望)を、いつまで上塗りし続けるのか。

今回の会議は、31日で閉会を迎え。

核兵器禁止条約を推進する各国は、今年6月〜7月の次回会期までに。

「草案」をまとめたい考えです。

投稿日 : 2017年3月30日
淡い