インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

無題(ちょっと思い浮かばぬゆえ)

「ブログを書くスタイル」なんて、人それぞれで「正解」など無く。

しかし、ネット空間たるや「パブリック・スペース」とも呼べるわけであり。

そこには、最低限の節度が求められる?のかも?しれませんし。

加えて「身の上話」にせよ、何でもかんでも臆面も無く書き綴るのは…

「NG」とまで言わずとも、これまた最低限の社会通念が必要?なのかも?

と、そんな前フリなど、今宵は全て無視をして、無垢なるままに吐露すれば。

いやはや。今現在。泣き疲れました。はい。

養い、立派に育てる事を「育成」と言い。(広辞苑より)

日常に於いても「育てる」「人材育成」との言葉を頻繁に耳にしますが。

言わずもがな「育てられる側」よりも「育てる側」に、より根気が求められ。

ひとたび何かを、誰かを、育成するにせよ、簡単な話ではございません。

また、如何なる世界でも、確実に「最初は誰もが一年生」。

そこで唐突ながら、恐縮ながら、話は十数年前の私へ遡ります。

テレビやラジオにイベント、等々。

当時、喋り手として年相応の経験は「積んでいた」のであるからして。

人前にポンと放り出され、フリートークを展開するのは朝飯前…

に、「成り始めては」おりました。

しかし、こと「ナレーション」の様に、正しいアクセントを駆使しながら。

滑舌も良く、声量、抑揚、明瞭に、「キチンと原稿を読み、語る」。

こうした喋りの基礎的な部分が、著しく「未発達」の私を。

事ある毎に、CMや番組の「ナレーター」に推挙して下さっては。

ナレーションの現場にて…

「まだまだ彼は駆け出しだけど、イイものを持っているので使って行くべき♪」

と、録音に立ち合う、真剣な眼差しのスポンサーの方々へ向け。

拙い私のナレーションを「私になり代わりまして」都度、頭を下げてくれ。

根気よく、それは根気よく、私を起用し続けて下さった…

“業界の先輩”がいらっしゃいました。

そんな当時から、約10年ほど経過した頃になると。

お陰様で、私は年間に約300本ものナレーションをこなす喋り手となり。

(私ごときの喋りが「上手い」or「下手」は別にせよ、数で申せばの話)

あるナレーションの現場では、変わらず前述の先輩が働いていれば。

同氏が、録音に立ち合うスポンサーさんへ向けて、いつの間にか。

「どうです?上手な彼をナレーターに起用して正解だったでしょ♪」

と、私を一人の喋り手として認め、誇らしく語って下さっていたりも。

「りゅうじ!」「おい!りゅうじ!」「りゅうじよぉ♪」

いつも私を気に掛けて下さり、何よりもココまで育てて下さった。

当然ながら、かけがえのない恩人(アニキ)です。

それから、私は喋り手の世界から政界へ進み。

先輩は、その手腕を買われ、転職をされ、年に数回しか会わなくなり。

あれは1カ月ほど前だったでしょうか。

偶然、街中でバッタリと出会った際に。

「おお!石橋先生じゃないかぁ!」

と、明るく冗談交じりに言葉を掛けて下さり、先方が仕事中もあって。

二言、三言を交わしては、直ぐに、その場は別れたのですが。

それが、永遠の別れになるとは。

昨日、突然ですが訃報が飛び込んで来まして。

その先輩が、不慮の事故で亡くなったとの事。

先ほど、お通夜から帰って参りました。

なんだかな。泣き過ぎて、頭は痛いし。

たまんない。たまんないですよ。正直。

でもブログとは「ウェブ上の記録」ウェブ−ログで、ブログなわけで。

アニキの存在を公共空間に刻んでおこうと、パソコンへ向かった次第です。

顧みれば、多いな。私には恩人が。

まだまだ、ご恩返しが足りておりませんけども。

報いないと、応えないとね。

時間を掛け、多大なる、お心遣いも頂戴し。

育てて頂いたのですから。

アニキをはじめ、それは多くの人々に。

投稿日 : 2017年7月26日
無題(ちょっと思い浮かばぬゆえ)