インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

えっ?立秋?!

この広島では“台風一過”ながら。

全国各地では台風による被害も出ており。

謹んで、お見舞い申し上げます。

皆様、何卒、ご無事で。

さて。

如何なる時も「携帯」しているからこその携帯電話には。

朝から晩まで「経過」のご報告が入電して参ります。

本日だけでも何件?届いた事でしょうか。

「あれから、こうなっています」「現在、こうした状況です」等々。

殊更、今時分に、報告、連絡、相談の…

「ホウレンソウ」に言及するつもりはございませんが。

“それ”は先方様からの「お心遣い」あってこそ。

人々の機微に触れると申しましょうか、かくも有り難い限りで。

住民の方々より届けられるご要望、その一つ一つが。

改善へ向け、着実に動いている現状を実感する次第です。

当たり前ではございません。

感謝。

これまた感謝で申せば、議員活動たるや、あらゆる分野を跨ぎ。

それは多岐に亘っているモノであり、こうした活動は決して…

一人で抱え込む必要は無く♪

かつての小泉首相ではありませんけども。

「分からない事は分かる人にお願いする」「やって頂くに限る」と。

(決して「分からない」「知らない」の肯定、開き直りにあらず)

つまりは、例えば私が現在、置かれている環境を鑑みても。

周囲には、それぞれの“道”に、それぞれ精通する人々が多く存在し。

自らの浅学で分からなければ、聞けば良く。

自らの非才で出来なければ、各方面へ協力を要請するなり。

また託せば良いわけで。

求められるは、個人の「解決」能力と言うよりは…

最適解を導くべく。

そうした人と人を繋げる「コーディネート」能力でもあり。

日々、多くの同僚・先輩議員や、各担当課の職員さんをはじめ。

各種団体に友人知人と、多大なるサポートを頂戴しております。

繰り返しとなりますが、感謝の一語に尽き。

東奔西走しちょりますよ。

うむ。行かないで、夏♪

投稿日 : 2017年8月07日
えっ?立秋?!

applicant(志願者)

冒頭に。

別に「議員だから」ですとか「点数稼ぎ」ではございません。

さて。

8月5日(土)の話、日中に4時間ほど時間が空きまして。

コレは自らの“性分”なので、如何ともしがたいのですが。

そうした時は、即座「何かしなければ」との焦燥感に駆られる私。

ならばと、急きょ着替えては機材を車に積み込み、一路。

市内各所の「雑草が伸びては通行が妨げられている」スポット巡り。

巨大鎌でツタを伐り、刈払機で草を刈っては…

強力ブロワ―で、除草後の草木を吹き飛ばしては集めての清掃。

お蔭様で、4時間と約4リットルのドリンクを費やし、炎天下。

多量の草木や土に埃とまみれながら。

複数区に及ぶ各所の歩行空間を啓開、確保して参りました!

うむ。充実。

そして6日は、早朝に起床し、身支度を整えて。

一路、平和記念式典へ。

平和宣言でも触れられた通り、今年の7月に国連会議にて。

核兵器禁止条約が採択されながら、米英仏等、核保有国は?

「安全保障上の課題」等を挙げながら。

既に条約へ加盟しない方針を発表されております。

そこで、我が国、日本としては?

そんな核兵器保有国と、非保有国の間を取り持ちながら…

最終的な目標となる「廃絶」を目指す、と言われておりますけども。

繰り返しとなれ、平和宣言にもあった通り、問われるは「本気度」で。

ある団体の代表者は口にされておりました。

「その橋渡し役を日本が本気で務めんとするならば」

「まずは日本として」

「核兵器禁止条約に署名しては、批准(ひじゅん)すべきである」と。

色んな意見、捉え方があって然るべきなれ。

Exactly so でしょう。でしょ?

で、唐突ながら、ルターの登場。

「たとえ明日、世界が滅びようとも、今日、私はリンゴの木を植える」

と、このリンゴを“禁断の果実”と捉えるも“希望”と捉えるも。

ルターに続き、リンカーンまで登場すれば。

結局「意志ある所に道は開ける」もの。

して、その心は、今朝の式典後。

夕張市から広島へ足を運んでくれた、次代を担う中学生と共に…

被爆体験記を拝聴したのですが。

(夕張の希望である“若者”に、見聞を広めながら学んでもらうプロジェクト)

遡れば募集時点で、なんでも「広島を訪れて学びたい」生徒さんが非常に多く。

「広島へ向かえる限られた学生枠」をめぐり競合、狭き門となり。

結果、作文に面接など「選抜試験」をクリアした生徒さんが来広されたそうで。

この時点で、既に広島人としては嬉しくも。

生徒さんにとりましては?

目にする平和記念式典に、耳にする被爆体験記等。

初めてづくしの広島滞在、広島体験であり。

さぞや多くを感じ取り、胸に刻んで下さったのではないかと。

今後は北の大地で、必ずや。

新たな灯火となりて、地元を照らしてくれる事でしょう。

まだまだ書き綴りたい事は多いのですが、おそらく…

このままだど、キーボードを打つ手が止まらなくなりますので。

(イコール、目が冴える)

昨日より今日、今日より明日と、更なる未来へ向け。

しばし、数時間ほど、英気を養いたく候。

投稿日 : 2017年8月06日
applicant(志願者)

夏に入っては夏に従う

夏と言えば、衣裳チェンジ、お色直し、男性で申せば、お召替え。

本日も、午前中から県議会等、各所を巡りながら、汗ビッショリ。

まるで遠泳から戻って来た様に、どうにも仕事の出来る服装にあらず。

シャツにパンツ、また上下の肌着、計4着を着替え。

装いも新たに“午後の部”へ出発!

打ち合せ等を重ね、夕方からは、区政懇談会に祭りの実行委員会と。

夕涼みもヨロシク、夜風を浴びながら。

21時まで矢継ぎ早に訪れた日程をこなして参りました。

そんな昨今の日々を顧みたらば、当たり前の様に、四方八方から…

「暑い!」「暑いよ!」「暑いのだ!」と漏れ聞こえて参ります。

しかし、これまた当然ながら「夏は暑い」もの♪

そこで、先ずは夏にまつわる、蛇足@

私は自転車での移動中、ザックリと。

第1ないし第2ボタンまで「外している時」がありますけども。

コレは決して、イタリアの伊達男に憧れているわけでなく。

外気を直接的に冷却へ当てる「空冷式」を採用しているがゆえ。

(毎日、炎天下に“最低”でも20km〜30kmは走行するので)

無作法なれど、健康第一!

もしも、そんな私の“胸元を”見かけられた際は?

寛容なる心にて、何卒、ご容赦下さいまし。

m(__)m

続いて、蛇足A

私などは、たとえ猛暑日に熱帯夜が続こうとも。

それは昼夜を問わず、昔からエアコンを一切使用しないので。

(なにぶんにも「喉」を生業にしていた慣習です)

言ってみれば「涼を求める」より「暑さと仲良く付き合う」。

そんな“夏の振る舞い”を長年に亘り継続して来たお蔭なのでしょうか。

「暑さ」への慣れ? そこへの耐性? 根本的な体力?

と、自らが抱く感情の発露は不確定ながら、正直に申し上げ。

私は不思議なくらい「暑さが苦」ではございません。まったく♪

セミの鳴き声に「おお!短い生を謳歌されておる!」と共鳴し。

照りつける太陽に、ウインクしての微笑み返し。

暑さに寒さも「生かされているからこその喜び」と捉えている次第♪

ではでは、蛇足から補足へ。

前述の通り、凡庸なる私の心情を…

まるで「代弁して下さる」かの様な、洒脱なる詩を。

偉大なる詩人の感受性と表現力をお借りしては。

ココに一つ、ご紹介させて頂き、今日のところは、ご機嫌よう♪

「ぼくは言う」 谷川俊太郎

大げさなことは言いたくない
ぼくはただ水はすき透っていて冷いと言う
のどがかわいた時に水を飲むことは
人間のいちばんの幸せのひとつだ

確信をもって言えることは多くない
ぼくはただ空気はおいしくていい匂いだと言う
生きていて息をするだけで
人間はほほえみたくなるものだ

あたり前なことは何度でも言っていい
ぼくはただ鯨は大きくてすばらしいと言う
鯨の歌うのを聞いたことがあるかい
何故か人間であることが恥ずかしくなる

そして人間についてはどう言えばいいのか
朝の道を子どもたちが駆けてゆく
ぼくはただ黙っている
ほとんどひとつの傷のように
その姿を心に刻みつけるために

投稿日 : 2017年8月02日
夏に入っては夏に従う