インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

夏に入っては夏に従う

夏と言えば、衣裳チェンジ、お色直し、男性で申せば、お召替え。

本日も、午前中から県議会等、各所を巡りながら、汗ビッショリ。

まるで遠泳から戻って来た様に、どうにも仕事の出来る服装にあらず。

シャツにパンツ、また上下の肌着、計4着を着替え。

装いも新たに“午後の部”へ出発!

打ち合せ等を重ね、夕方からは、区政懇談会に祭りの実行委員会と。

夕涼みもヨロシク、夜風を浴びながら。

21時まで矢継ぎ早に訪れた日程をこなして参りました。

そんな昨今の日々を顧みたらば、当たり前の様に、四方八方から…

「暑い!」「暑いよ!」「暑いのだ!」と漏れ聞こえて参ります。

しかし、これまた当然ながら「夏は暑い」もの♪

そこで、先ずは夏にまつわる、蛇足@

私は自転車での移動中、ザックリと。

第1ないし第2ボタンまで「外している時」がありますけども。

コレは決して、イタリアの伊達男に憧れているわけでなく。

外気を直接的に冷却へ当てる「空冷式」を採用しているがゆえ。

(毎日、炎天下に“最低”でも20km〜30kmは走行するので)

無作法なれど、健康第一!

もしも、そんな私の“胸元を”見かけられた際は?

寛容なる心にて、何卒、ご容赦下さいまし。

m(__)m

続いて、蛇足A

私などは、たとえ猛暑日に熱帯夜が続こうとも。

それは昼夜を問わず、昔からエアコンを一切使用しないので。

(なにぶんにも「喉」を生業にしていた慣習です)

言ってみれば「涼を求める」より「暑さと仲良く付き合う」。

そんな“夏の振る舞い”を長年に亘り継続して来たお蔭なのでしょうか。

「暑さ」への慣れ? そこへの耐性? 根本的な体力?

と、自らが抱く感情の発露は不確定ながら、正直に申し上げ。

私は不思議なくらい「暑さが苦」ではございません。まったく♪

セミの鳴き声に「おお!短い生を謳歌されておる!」と共鳴し。

照りつける太陽に、ウインクしての微笑み返し。

暑さに寒さも「生かされているからこその喜び」と捉えている次第♪

ではでは、蛇足から補足へ。

前述の通り、凡庸なる私の心情を…

まるで「代弁して下さる」かの様な、洒脱なる詩を。

偉大なる詩人の感受性と表現力をお借りしては。

ココに一つ、ご紹介させて頂き、今日のところは、ご機嫌よう♪

「ぼくは言う」 谷川俊太郎

大げさなことは言いたくない
ぼくはただ水はすき透っていて冷いと言う
のどがかわいた時に水を飲むことは
人間のいちばんの幸せのひとつだ

確信をもって言えることは多くない
ぼくはただ空気はおいしくていい匂いだと言う
生きていて息をするだけで
人間はほほえみたくなるものだ

あたり前なことは何度でも言っていい
ぼくはただ鯨は大きくてすばらしいと言う
鯨の歌うのを聞いたことがあるかい
何故か人間であることが恥ずかしくなる

そして人間についてはどう言えばいいのか
朝の道を子どもたちが駆けてゆく
ぼくはただ黙っている
ほとんどひとつの傷のように
その姿を心に刻みつけるために

投稿日 : 2017年8月02日
夏に入っては夏に従う