インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

ティーン・えいじゃん♪

土曜日の朝は、クールビズの最中、久々にネクタイを締めて出発し。

「2017年度 国連ユニタール広島青少年大使プログラム」

〜明日を担うリーダーたちへ〜のオープニングセレモニーに出席して参りました。

(広島商工会議所ビル内、国連ユニタール広島事務所にて)

そもそも2011年から始まった同プログラムも、当初は大使枠が「2人」。

しかしながら、県政の尽力もあり、この度より大使の枠が…

大幅に「20人」へと、ジャンプ・アップ!

市内をはじめ、広く尾道や福山からも高校生が大使に任命され。

11月の中旬まで、プレゼン、研修、外国人との交流、等々。

今後、多様なる国際的なプログラムを通じて、彼らは学んで参ります。

朝の9時から開会した同セレモニーの終盤では。

高校生の代表として、男女各1人ずつアイサツを述べたのですが。

まず、男子生徒は…

「僕は昨年、フィリピンへ行き、スラム街の貧困に驚愕しては…」

「今回、とにかく同プログラムに参加しては、学びたかった!」と。

そして、女子生徒は…

「祖母がハワイに住んでいて、過去の歴史を色々と聴いて学び…」

「自らもシッカリと英語を身に付けて、国際的に活躍したい」と。

「情熱」や「真剣度」って、話の内容や言葉の選択、その適否にあらず。

眼差しと、声のトーンに“裏打ち”されていて。

彼らの意識の高さや、その感受性、行動力に、正直、私も感涙です。

ある程度の年齢を迎えると、自らの尺度を越えたモノを受容せず。

拒絶、ないし否定する様にもなったりする(大人が多い)ので。

それ如何は別にせよ、10代、20代、30代は、小さくまとまる必要なし!

ドンドンと世界を飛び回り、自らの物差しを…

まさにスケールアップして下さいな♪

さて。若人(学生さん)との縁は続くモノで、翌、日曜日は?

朝の8時から中学校のトイレ掃除。

これまでも、お声掛けを頂いた際は、たとえ何区の学校であろうと出向き。

素手でゴシゴシと大小の便器を洗うべく、定期的に参加させて頂いており。

その「参加意図」たるや、なんでしょう。いわゆる。

自己点検(定点観測)と申しましょうか、己に対して…

「おごるな、威張るな、昂ぶるな」「変わらず泥にまみれて行動してるか?」

との、自問自答の機会でもあって。

約200人の中学生やご父兄さんと一緒になり。

「一つ拾えば、ひとつだけキレイになる♪」と謳われる様に。

皆でトイレの床にヒザを着け、飛び散る水も、香る臭いも、なんのその♪

全てを水に流し、WCをピッカピカにして参りました。

面白いモノで。

最初は「うぇえぇぇ!」と叫んでいた学生も、徐々に夢中となりて、終いには…

「次は何をすれば良いでしょうか!?」と、求め出す♪

Bravo!若人!学生諸君!

話は、ちょっと飛躍してしまいますけども。

サンフレッチェ・ユースの寮の壁に張り出されている「文言」の通りですよね。

「足元のゴミも拾えない者に、一体、何が出来るのだろうか?」と。

その辺り、たとえ周囲は見ていなくとも、お天道様は注視されています。

玉みがかざれば器を成さず。

心も眼(まなこ)も、曇っちゃあ、なりませぬ。うむ。

私ごときも、引き続き。

どこか狭隘でモノトーンな政界、議会の中で。

ゴシゴシ、ゴシゴシと、思い上がる事なく、ひたすらゴシゴシと。

広々とした心を持って、豊かな色彩を発信せんと、努めて参る所存です。

相変わらず、どこに居るかは、一発で分かりますけども♪

投稿日 : 2017年9月10日
ティーン・えいじゃん♪