インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

karman

前号に続いて、日曜日の話へ移りますと、何はさて措き。

因縁?も手伝ってか「ドル箱」とも言える、ホームゲーム浦和レッズ戦。

当初は「2万人」以上の集客が見込めた一戦でもありましたが。

台風等の影響もあって、最終的な集客は「約1万7千人」。

ならばと、かつても…

同様の事例が「2013年」に起きたのは、記憶に新しいところで。

開幕戦が浦和レッズに決定しては「3万人以上」の入場者予測が立つ。

しかし、試合当日は「曇り一時、雪」の気象条件が確実視された事から。

当初の入場者“予測”に対して「事前に」下方修正がなされました。

にも拘らず、実際は?

更に“そこ”(下方数値)を「約4千人」も下回る実績であったと。

言わずもがな、今節は「降格圏を脱出」に弾みをつける好カードなれ。

(レッズに勝利すれば「他チームに勝利する」以上の流れは生じるはずで)

あくまで「集客に関して」ですが、天候に左右される結果となり。

無論、空の下での“スポーツ興行”たるや、集客は天候にも左右される。

されます。されますけども、もしもスタジアムが好立地にあったらば?

「そんな事を言ったって、現実は、しょうがないじゃない!」

との反論もあろうかと存じますが、そんな現実を…

かれこれ何十年も“甘受”し続けている、これまた現実。

あと3時間は書き綴りたくとも、ひとまず、ここまでとし。

何も「スポーツ興行」に特化した話にあらず、公共サービスのご提供と。

現存する“都市基盤”を、改めて再構築せねばならない、との話。

「理想を突き詰める」なれば。

試合前や試合後には、周辺にも副次的な効果が派生し。

ひいては、試合の無い日も。

人々が行き来しては、賑わいと繋がりを生み出すエリアの創出を。

ポテンシャルを十二分に秘めた都市なのですから。

後は、着手へ向けて。

投稿日 : 2017年10月30日
karman