インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

原点回帰の快気

本日は、常任(総務)委員会の「正副レク」が行われ。

っと、この正副レクとは、以前にもご説明させて頂きました通り。

本番(委員会当日)を迎える事前に、当日と同じ内容を、行政側より…

委員長と副委員長が、まるで個人面談の如く「説明を受ける」モノで。

言ってみれば、真剣な事前リハーサルであり、下打ち合わせ。

そこで、本市で申せば「約4000」にも上る事務・事業が存在し。

中には、自らが精通する案件や、造詣の深い案件もあれば。

翻り、正直に申して、全く未知であり無知の案件も存在します。

ゆえ、実際に議員活動を進めながら、走りながら、学び、経験を積み。

また、例えば住民から「ホームランが見たい!」との要望があれば?

なにも自らが、昼夜を問わず、素振りにバッティング練習を何年間も…

重ねずとも。

「ホームランを打てる現役選手を連れてくれば」半日で解決!

これも政治手腕です♪

で、コレより突飛に話題が横道に逸れて参りますが、顧みるは?

大晦日に元日と、1泊2日で訪れた「東京」の話。

時は年末、中学1年になる愛娘が、唐突に口にしました。

「いつか東京へ行って、色々なモノを見てみたい」と。

そこで、今日まで国内外で数十回は“引越し”を繰り替えし。

色んな土地で暮らして来た私としては、多感な年頃の娘から…

届けられた「見聞を広めたい」とのオーダーは、非常に嬉しい限りで。

直ぐ様、「東京行」を決定&決行いたしました。

羽田に到着後、まずは原宿方面へ向かい、私が常に傍に居ると?

娘も照れに遠慮で「自由に振る舞えない」かもしれないので。

妻に、ある程度のスポットと、そこへの行き方を伝え、妻子の女性2人と。

野郎(私)1人で、しばし別行動をする事に。

そんなポカリと空いたフリータイムを「如何に費やすか?」思案したところ。

「そうだ!久々に自らの“昔の職場”を訪ねてみるべな!」

と、思い立ち、一路、渋谷へ。

何の偶然か、時を同じくして、私がバイトしていた渋谷センター街にある…

店舗の直ぐ目の前で、大きな火事が起こったり!?

また、365日に亘り、私が司会をしていた「渋谷109」(に隣接するビル)…

の前では、カウントダウン・イベントの準備が進んでいたりと。

数々のイレギュラーと遭遇しながらも、馴染みの、懐かしい街並みに触れては。

あの頃の「ただただ闇雲に突っ走っていた」若かりし日の自分を思い出し。

いやいや。

そんな感傷的な半日が、実は、瓢箪(ひょうたん)から駒♪

「自らが苦労しながらも積み重ねて行った業界(いわゆる芸能界)での経験」や。

不肖なれど「自らのストロング・ポイント(売り&強み)は何なのだろうか?」。

この辺りを、ルーティーン化していた日常の中…

ふと鮮明に「思い起こさせてくれた」絶好の機会となり、改めて。

「まだまだ、こじんまりと、まとまる年齢ではない」と、再確認の再発見。

これ、何も今後「大きな事に打って出よう!」という話ではありません♪

何でしょう。

ちょっと“視野狭窄”に陥っていたかもしれぬ自らを。

変に“まとも”に振る舞っていたかもしれぬ自らを。

今一度“見直す”好機を、結果的に、娘の何気ない一言で頂戴したと。

そして、話は再度、冒頭へ戻るのですが。

ひとたび議員にさせて頂いた後に…

自らが「社会の何を知らないのか?」を、それは痛感させられました。

重ねて、未だ不勉強で、発展途上の身でもある。

とどのつまり、おこがましい物言いながら、私が今後も成長する事が?

有権者の方々への「ご恩返し」にも繋がりますモノで。

本年も、努めて真摯に、かつ大胆に。

大海原へ向け、小舟を漕ぎ進めて行く所存であります。ハイ。

投稿日 : 2018年1月10日
原点回帰の快気