インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

レンジャーへチャレンジャー

昨日の「建国記念の日」は、久々に自動車のハンドルを握り。

朝から、雪山へ向けて出発。

何に従事したかと申しますと、「間伐」作業でございまして。

つまりは「森林整備」。

私も、森仲間、森メイトを増やすべく。

今日までも、多くの友人・知人に声をさせて頂いては。

各所の山々で、まさに現場に入りて、皆で経験を積み。

皆で学んで参りました。

しかしながら、ひとたび…

「山へ行こうよ♪木を伐ろうよ♪」と、お声掛けするにせよ。

実際の話、ある程度の「本格的」な作業レベルになって来ると?

決して不安や恐怖を煽るつもりは無くとも、「林業」が物語る通り。

他の業界と比べれば、抜きに出て、怪我や危険度の高い世界。

「誰もが最初は一年生」で…

まずは入口からエントリー(体験)しなければ、始まりませんが。

安易に、何の予備知識も経験も無いビギナーの方々を?

エキスパートの作業、そのド真ん中にポンと投入する訳にも行かず。

そんな私とて、まだまだアマチュア。

時に、初心者の方々に、現場で体験して頂きながら。

時に、自らも「プロ」の現場に足を運んでは、学びながら。

焦らず、少しずつ、メイトの「輪」を広げている次第です。ハイ。

で、今回は6人(バリバリのプロ2人に相応の経験者4人)にて。

朝から夕方まで作業をし、バッサバッサと、木々を次から次。

森林の様相も、ビフォー&アフターでは?

明らかに変化するほど、整備させて頂いたと。

先の「市会の視界TV」でも触れた通り、繰り返しとなりますけども。

この世界の輪を広げ、活動を旺盛にしたいですね♪

ただし、付け焼刃で「分かった風に」振る舞えば?

即、怪我に事故と、大事に至ってしまいますので。

私も、後から続いて来て下さる人々を、キケンに晒さぬよう。

引き続き、現場で先達より、真摯に学んで参る所存。

言わずもがな、災害に強い「緑のダム」となるも、この森林です。

《余談》

帰宅した瞬間に、玄関で妻が口にします。

「あっ!体から木のイイ香りがする♪」

本当なんです。

丸1日、森林の中で、連なる木の幹、枝葉の中に身を投じ、作業をすると?

非常に安らぐ、柔かい檜(ひのき)の香りに包まれたりします♪

投稿日 : 2018年2月12日
レンジャーへチャレンジャー

二輪に五輪の金曜日♪

雨が降ろうとも、雪が舞おうとも、外気がマイナス2度を記録しようとも。

春夏秋冬、昼夜を問わず。

私を常に目的地へ on timeで正確に運んでくれる、マイ移動手段。

それが、自転車。

して、賑わう金曜の夜も、朝から走り回ったクールダウンとばかり。

ゆっくりと自転車を漕ぎながら家路へ、その途中…

ガクン!

チェーンが、カラ、カラ、カラァー!!

えっ?!

ふと足下を見たらば、ペダルの根元の部分が、フレームから取れかけて破損。

そこへ連動して、チェーンは完全に外れてしまっています。

明白に、自らでの修繕は不可。

Oh boy…

無理もありません。あれだけ毎日、何年間も漕ぎ続け。

それこそ、日に何十キロも走らせて来たのですから。

しかし、いつまでも感傷的になっている場合ではありません。

夜分に自宅まで、残り5キロ。

周囲の自転車屋さんも、ちょっと見当たらず。

止む無く、押して帰る事に致しました。が。

歩きながら、自転車を押しても、引いても、一向に自宅へ近づく…

気配が無い。

覚えるは?

ただただ、時間と靴音だけが刻まれて行く、堂々巡りの感覚。

うぅむ。ゆぅっくりと、確かに自宅へ近づいてはいるが…

「さて、何か打開策は?」と、しばし思案した後、まずは可能な限り…

「街灯」と「人通り」の少ない、川沿いの道を選択。

長い数キロに渡る一本道です。ヨシ!

いつもは最大限「上げて」いるサドルを、今度は最大限「下げて」。

レッツ!チャレンジ!

Like a 子供が乗り回す「キック」バイク!

ペダルは壊れて漕げないので、左右の足を、交互に前へ伸ばしては…

リズム良く、タン♪ターン!と、後方へ蹴る。

すると、これまた、どうでしょう。

見事に、それはスムーズに。

相応のスピードで前進してくれるのです!(驚き&関心)

オッホッホッホッホッ♪

順調な走行に、暗闇の中、薄ら笑いが止まりません。

しかも、平素から「鍛え方が違う」だけあって、体力だけは無問題。

時に、正面からジョガー(ジョギング・ランナー)や自転車が来ると?

惰性で走らせ「通常走行」を装い、誰も周囲に居なくなると、再度…

童心よ。蘇りたもう、キックバイクの足運び♪

最後の最後、自宅まで残り500m程になると。

流石に街頭も街灯に照らされ、夜道も明るく。

ウイニングランとばかり、平静を保ち、自転車を押して歩きましたけども。

家の敷居を跨ぐ頃には、もう汗ビッショリ(笑)

シンドイやら、恥ずかしいやら、安堵も押し寄せるやらで。

ふう〜。

そんなフライデー・ナイトでありましたとさ。

嗚呼、コリャコリャ。

投稿日 : 2018年2月09日
二輪に五輪の金曜日♪

視察リポート Extra

朝に目覚めては「この始まった1日を無駄にしてなるものぞ」と。

“一日一生”の心構えにて、お蔭様で極寒の日々を走り回っております♪

ここ数日も、議会改革推進会議や2月定例会へ向けた打ち合せ、等々。

本会議や来月の予算特別委員会へ向けて、日程も加速して行きながら。

前号までの「視察リポート」が、画竜点睛を欠かぬよう、コレより結びに。

「スポーツ関連」以外の視察項目を、ご報告させて頂くとして。

行程2日目の名古屋市、3日目の大阪市での視察内容(事業)については?

毛色も「同系」なので、ここは「名古屋市の事例」に絞ってのリポートとし。

この度、本市も参考にさせて頂くべく、人口230万人の都市で学んだのは?

「tonarino(トナリノ)について」であり、先ずは背景から。

名古屋市では「今後10年間に優先して取組む課題と戦略、内容」を示した…

「名古屋市公園経営事業展開プラン」(H25年7月策定)に於いて。

幾つかの拠点公園の中から、同市のブランド向上に繋がる公園を4カ所選定。

また、先述の事業展開プランには「4つの戦略」が掲げられており。

@公園の特性を生かした公園経営の推進

A市民・団体の参画・協働の推進

B民間活力の導入体制の整備

C公園経営の品質を高める評価の実施

そこで、主にBを基調としながら、民間事業者の斬新なアイディアや。

優れた経営ノウハウにより、魅力の溢れる公園を創出、機能増進を図るべく。

「名城公園」の北園整備(図の青色で囲まれたエリア)に着手したと。

こうした背景には、同市の厳しい財政状況に加え。

幾つも抱える公園の維持管理費「不足」が挙げられ。

(如何なる地方都市でも同様の問題、現実を抱えてますが)

ここにテコ入れする為、H28年に民間事業者の募集等を開始した後。

その1年数ヶ月後には誕生、「民設」によって現在「民営」されているのが…

今一度、名城公園(北園)の「tonarino」であります。

ではでは、非常に端的に、要約して“事業スキーム”をご説明すれば。

名古屋城の隣に、かつてより広大な都市公園が存在しては。

毎年の事ながら、光熱費に整備費等、維持管理費が発生しています。

そこで、駅に近い「公園の入口」一帯の特定エリアを、向こう20年間…

名古屋市が無償で民間へ貸し出しますので…

民間で施設を建て、整備をし、完成後は、運営までして下さいましと。

そのエントリー(応募)条件の中には、まず「必須」事項として。

「飲食施設」「駐車場(75台程)」「エントランス施設(園路)」を設ける事。

重ねて「必須」まで行かずとも、発注者(行政)曰く、出来れば…

「物販施設」「スポーツ利用サービス施設」も設置してくれたらば幸いです♪

こうした諸条件を前提に事業者の提案募集を行い、最優秀案が選ばれた後。

着工、完成、現在に至り、繰り返しとなれ既に民間にて運営されているモノで。

ビフォー&アフターの写真をご覧になって頂ければ、一目瞭然。

鬱蒼と木が生い茂り、どこでも散見される、無表情な公園入口が?

カフェにレストラン、コンビニやスポーツショップ、ラン・サイクルステーションから。

大型バスも駐車可の新たな駐車場まで整えられ。

来園者が明らかに増加しては、公園利用の満足度も上がり。

何が良いって?

全ての施設は、民間資金で建設・運営され、民間に売り上げが落ちれば?

その売上より一定額が、必ず毎年「名古屋市」へも納められると。

つまりは、これまで同市が維持管理費で「持ち出し」しかなかったところへ。

新たに魅力的なスポットが公園内に誕生しては、収入まで得られる仕組み。

(大阪市の場合、この規模が数倍は大きく、ダイナミックな同種の事業です)

言わずもがな、官と民が連携しての“同様の事業”は、国も推進しており。

全国各地にて、既に広く展開されておりますけども、翻り、この広島市では?

「皆無」と申して、過言は無く。うむ。

私としては「直ぐに右へ習え!」「成功モデルを踏襲すべし!」なんて。

直情的、かつ胆略的な物言いをしている訳ではございません。

事業にせよ、政治にせよ、そんな短期的に「正否」は問えませんし。

ただし、、まだまだ、まだまだ「のびしろ」があるは、この広島市。

民が主役となりて、官がサポート役に回って良いじゃない。

引き続き、英知を結集すべし。

最後に、クイズを1つ。

次の3枚の写真の内、1枚目(左端)の写真は、何のマーク、デザインでしょうか?

答え



1枚目:「女性用トイレ」のマーク

2枚目:公園のエントランスを飾る、同民間施設

3枚目:週末に連休等、あまりにも来場者が多いので、スタンバイする簡易移動式トレイ車両

投稿日 : 2018年2月07日
視察リポート Extra