インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

Team Mate

先々週の話となりますけども。

高柳一誠選手が、西日本豪雨の被災地に支援物資を届けて下さり。

その後、山口県の方々やレノファのチームメイトからも。

選手会長である一誠君へ…

「我々も何か出来る事はありませんか?」との声が続々と届いているとの事。

そこへ呼応すべく、本日も被災地の現状(ニーズ)をリサーチしては。

また、自らも土砂を掻き出すべく。

地元の安佐北区や安芸区の矢野を巡る彼の姿がありました。

(明日は朝からレノファの練習があるにも拘わらず)

こうした地道な一誠君の活動や山口県の方々のお心遣いに…

「スポットが当たらない」のも申し訳ないので、急きょ、私も。

昼過ぎに、大好物の日差しを浴びながら…

自転車を十数キロほど漕いでは、現地へ急行。

サポーターに愛され、慕われた彼に無理を言って。

広島へ向けた「激励のメッセージ」を頂戴して参りました。

(現在、私のフェイスブック、インスタグラム、ツイッターにて配信中)

持ちつ持たれつ、心底、有り難い限りです。

そこで、クラブ間の垣根を越えた「チームメイトの話」として続ければ。

コレまで、被災地を訪れて下さった、佐藤寿人君や宮原君をはじめ。

(あの時は丁度、FC東京の森重君も安佐北区のボラセンに来てくれ)

先週の土曜日、サンフレ対浦和レッズの試合があった翌日。

結果的には、逆走する台風12号の影響で、急きょ中止となりましたが。

あくまで「当初の日程」としては。

「広島で育った」柏木君や槙野君達が中心となり、音頭を取っては。

(広島出身ではない)浦和の選手にも声を掛け。

合計〇名で被災地にある避難所を激励に訪れ。

更には、炊き出しをすれば、土砂が堆積して校庭が使えない…

各学校の子供達との交流が図られる予定でもありました。

(多くのメディアが避難所に押し寄せると迷惑を掛けるので内々に)

本来であれば、試合の翌日であり、クラブでまとまって関東へ戻るところ。

「自分達だけは、新幹線でも何でも遅れて帰るので」

「何としても被災地に出来る事をしたく、中止だけは避けたい」と。

台風が接近する折、最後の最後まで彼らは開催の道を模索し続けられ。

ただし「何より被災地の方々も台風での二次災害等で不安を抱える」。

そんな最中に「避難所へは向かえまい」と、最終的には中止が決定。

みんな、広島を愛し、広島の人々を思い、今なお寄り添ってくれています。

永遠のチームメイトに、心から感謝。

投稿日 : 2018年7月30日
Team Mate