インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

all round player

俗に言われる、白い襟のホワイトカラーや青い襟のブルーカラー。

つまりはスーツを着用した事務作業から作業着を着用した技術作業。

なんて棲み分けは無用としながらも、屋外に出ては肉体を駆使し。

また、屋内では、まだまだ行き届かぬ点が多くも、頭脳を駆使すると。

そんな日々が相変わらず続きながら、徐々に私の机の上には…

資料の山々、その稜線が顔を現して参りました。

明日は、平成30年に入り、第3回の広島市議会「臨時会」が開会。

更に、来月(9月)の19日からは、第4回の定例会が始まります。

(いわゆる9月議会)

こうした議会にせよ、私共は「行政側」(市長)からの「招集」があり。

そこへ呼応して、指定された日時を了承、対応するモノですが。

前述、この度の「臨時会」では?

年度始めの「当初」予算にあらず、その後に必要とされた「補正」予算に。

数々の「専決処分の承認について」や「専決処分の報告について」。

この辺りが付議されている、つまりは臨時会の議題として上がって参ります。

ならばと、コチラの「専決(せんけつ)処分」とは?

本来、議会とは「議決機関」でありますので。

執行する側の行政が多様なる予算「案」や条例「案」を提案された後。

最終的には、議会の「議決」(承認・決定)を得なければなりません。

しかしながら、特定の理由等がある場合は、地方公共団体の「長」が…

「議会の議決前に」「議会になり代わり」当該の案件を処理する行為。

コレを「専決処分」と言い、この度であれば?

先の西日本豪雨により、本市の各エリアでは甚大なる被害が生まれ。

そこへの災害対応、応急復旧にも相応の予算が「緊急」で必要になる。

ゆえに、6月の議会が終わり、9月の議会まで待っている訳にも行かず。

(あくまで分かり易い端的な表現を用いております)

この様な場合、先ずは市長が専決処分を下し、その後、議会に諮(はか)ると。

コレが明日の「臨時会」であります。

補足までに、平成30年7月豪雨関連で動く補正額は。

特定財源「167億7,528万3千円」、一般財源「4億3,266万1千円」。

計「172億794万4千円」となります。

体を動かし、頭も動かし、そこへ当然ながら、心を込めて。

引き続き、取り組んで参る所存です。

投稿日 : 2018年8月27日
all round player