インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

リメンバー・ユー

勢力の強い大型台風21号が通過した、この広島ではありましたけども。

先の西日本豪雨で被害を受けた被災地をはじめ。

日本列島に居住される皆々様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?

コレまで「稀」であった様々な気象条件も、近年は「定常化」しつつあります。

たとえ天候が回復しても、その後に生じる「時差」災害さえ頻発する昨今。

裏山や河川等々、「雨後」も周辺の住環境は常に急変する可能性がアリ。

皆様におかれましても、十分に、お気を付け下さいまし。

では改めて、災害関連の話を続ければ、9月に入り4日が経過しましたが。

県内のある集落では、被災後に「人力では追い付かない」と、応急復旧へ向け。

一定期間に亘り“小型重機”をレンタルしていました。

殊更ここに強調するまでもなく、巨岩の撤去や多量の土砂を掻き出すなど。

「重機」たるや驚愕する程に“現場”では本領を発揮してくれるモノで。

半月前あたり、私は周囲へ真剣に相談して…

「重機オペレーター(操作・運転する人)の資格」を取ろうと検討した次第です。

(時間を要すれば、私に「今」求められているのは「そこ」ばかりにあらず現在は保留中)

そんな私事はさておき、ある被災地で大活躍してくれた1台の小型重機も。

レンタル期限は「8月いっぱい」であり、先月末に最後の作業を終えた後。

「擬人化して、どうする?」と言われようとも、やはり、その働きぶりは有り難く。

皆で重機を囲み、感謝の意と、ねぎらいを伝えました。

重ねて、誰もが「泥を落として洗浄した上で返却したいね」と口にしながら。

夜を迎え、時間も無く、止むを得ず、帰宅する事に。

さすれば、後日。

災害ボランティアにも参加して下さっていた近隣の住民が。

仕事の合間を縫っては、ただ返却を待っている重機の元へ足を運び。

ブラシを手に、綺麗に洗浄して下さいました。

なんでしょう。この、えも言われぬ行動、感情、温か味。

小型重機も、長いアームを畳みながら、深々と会釈したとか、しないとか。

繰り返しになりますけども、重機のみならず。

各所には「まだまだ」人手を必要とする被災地が存在する事を。

私共は、忘れてはなりません。

投稿日 : 2018年9月04日
リメンバー・ユー