インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

Esse Quam Videri(見かけより実質を)

11月9日。

浅学菲才の私ごときも、お蔭様をもって47歳の誕生日を迎えました。

昨夜、時計の針が日付をまたぐ瞬間と共に、非常に多くの方々より。

メールやSNS等を通じ、祝福のメーッセージを頂戴しては、改めて。

「周囲の方々に支えられ今日を生かされている」事に、感謝する次第です。

私も、甲子園の夢が破れ、唯一、同学年の中で進学も就職も決めぬまま…

見聞を広めようと、上京しては、芸能プロダクションへ入り。

(元々その世界へ入ろうと東京へ引っ越したモノではありません)

その後、更なるステージを開拓すべく、衝動的に渡米。

また、大好きな“喋りの仕事”に従事しながらも「このままではならぬ」と。

これまた、全ての退路を断っては立候補させて頂き、早いモノで。

あれから8年が経過しようとしております。

この世界(政界)にせよ。

勿論、望んだところで「活動を継続」できる訳でなく。

また、キッカケは「最も身近にある広島市を!」との思いが、発端であり。

「行く行くは、更なる上のステージを」なんて、包み隠さず正直に申せば?

今現在、微塵も考えておりません。全く。

ただただ、ひたすら、やらねばならぬ事に取り組む日々。

しかし、何らかの時勢、時のタイミングとも重なり。

政界なのか、はたまた他の世界なのか、皆目、検討すらつきませんけども。

また、新たなステージ、違うフェーズに突入して行く事が、あるやも知れず。

でもでも、それは自分でも分かり得ない次第で。

繰り返しとなれ、そんな先のビジョンも考えもなく、一日一生。

相変わらず、今日を生き抜いております。

そんな本日の結びに。

多少なりとも「喋り」を得意としながら、やはり最後は「背中」で語る。

後生の若人よ。辛くなったら、私の背中を見るがイイ♪

人生たるや、星の数ほど失敗しようが、挫折しようとも。

なるように、なる。否、なるように、する。

この辺り、今後も行動で示して参る所存です。

投稿日 : 2018年11月09日
Esse Quam Videri(見かけより実質を)